NOSAI(ノーサイ)とは

農業共済制度とは

農業共済制度は、農家が自然災害にあった時に被る経済的損失を最小限にとどめ、 経営安定を図るために実施されている国の災害補償制度です。

  • 農家が災害を受けたとき、その損害を補償して経営を安定させることを役割としています。
  • 国の恒久的な農業災害対策の基幹として位置づけられた公的救済制度です。
  • 農村に昔からあった相互扶助の精神を基礎として、昭和22年に施行された農業災害補償法によるもので農家と国の信頼関係によって成り立っています。

農業災害補償法

第1条〔目的〕

農業災害補償は、農業者が不慮の事故に因って受けることのある損失を補填して農業経営の安定を図り、農業生産力の発展に資することを目的とする。

NOSAIの理念

農業は 緑 土 水を守り    
豊かな食料を供給する産業です    
わたくしたちNOSAIは    
みずからの知と技を磨き    
信頼の絆によって損害の防止と補てんに努め    
日本農業の発展と    
うるおいのある社会づくりに貢献します

シンボルマークは農業共済を象徴するマークです。

  • 楕円の形は、農作物の種子を表します。
  • 楕円の4つの数は、理念を受けて、農業を支える4つの要素[緑・土・水・人=農業共済]を意味します。
  • 楕円の並びは、スローガンのネットワークを受けて、日本列島を表します。
  • 楕円の右上がりの方向は、農業と農業共済の発展してゆく姿を表します。