農機具共済

農機具が共済事故によって損害を受けたときに共済金が支払われる事業です。

農機具損害共済

 

加入できるのは

トラクター、耕うん機、田植機、コンバイン、乾燥機、軽トラックなど、ほとんどの農機具が加入できます。

対象となる災害は

■火災共済

火災、落雷、破裂、爆発、鳥獣害などです。

■総合共済

火災、落雷、破裂、爆発、鳥獣害、盗難、衝突、接触、墜落、転覆、自然災害(地震、津波、噴火を除く)などです。

責任期間は

■火災共済及び総合共済

共済掛金を払い込んだ日の午後4時から1年後の午後4時までです。 (継続加入の場合は、契約終了日から1年間です。)

共済金額(補償額)は

■火災共済及び総合共済

農機具1台ごとに新品価格の範囲内で5万円〜1,000万円まで加入できます。

共済掛金は

共済掛金は年払いで下表のようになります。※使用年数に関係なく一律です。

■火災共済〈共済金額1万円につき15円〉

共済金額(万円) 10 50 100 150 200 300 500 1,000
共済掛金(円) 150 750 1,500 2,250 3,000 4,500 7,500 15,000

■総合共済【農用車以外(トラクター・コンバインなど)】〈共済金額1万円につき45円〉

共済金額(万円) 10 50 100 150 200 300 500 1,000
共済掛金(円) 450 2,250 4,500 6,750 9,000 13,500 22,500 45,000

■総合共済【農用車(軽トラック・普通トラックなど)】〈共済金額1万円につき120円〉

共済金額(万円) 10 50 100 150 200 300 500 1,000
共済掛金(円) 1,200 6,000 12,000 18,000 24,000 36,000 60,000 120,000

※普通トラックは4t車(車輌総重量8t未満、最大積載量5t未満)までです。

共済金の支払いは

●火災などで損害を受けたとき

火災などで損害を受けたときの共済金の支払

注)

  • ◆損害額が新調達価額の5%又は1万円のいずれか低い額を超えた場合に対象となります。
  • ◆損害額は、修理工場で実際に修理した額(復旧費用)を参考に査定します。
  • ◆共済責任期間において、災害共済金の合計額が共済金額以上になった時、共済関係は消滅します。
  • ◆別に定める「免責の基準」により、損害額の一部を免責させていただくことがあります。

 

●傷害を受けられたとき

傷害を受けられたときの共済金

注)

  • ◆1回の事故で、上記により算出した額または50万円(入院加療は20万円)のいずれか低い額を限度とします。
  • ◆農用車に加入の場合、特別見舞金はお支払いできません。
  • ◆むちうち症など、他覚症状のないものは除きます。