果樹共済

ぶどう・なしが災害によって農家ごと、類区分ごとに3割を超える減収に応じて共済金が支払われる事業です。

加入できるのは

ぶどう・なしを類区分ごとに5アール以上栽培している農家です。

樹種 類区分 品種
ぶどう 1類 デラウェア、ヒムロッド
2類 アーリースチューベン
3類 マスカットベーリーA、巨峰、竜宝等
4類 ビニールハウスを用いて栽培する品種
なし 1類 幸水、新水等
2類 二十世紀、豊水、長十郎等
3類 新高、晩三吉等

対象となる災害は

風水害、ひょう害、干害、寒害、雪害その他気象上の原因(地震および噴火を含む)による災害、火災、病虫害および鳥獣害です。

責任期間は

花芽の形成期から翌年の収穫期までです。(ぶどう、なしでは、おおよそ18ヵ月となります。)

補償の内容は

農家ごと類区分ごとの減収(基準収穫量の3割を超える減収分から)に応じて、共済金を支払います。

共済金額(補償額)は

1kgあたりの価額に標準収穫量を乗じた評価額の合計に、5割~7割の範囲内で農家が選択した付保割合を乗じて得られた金額です。

※1 1kg当たり価額 価格調査をもとに、品種や地域に応じて決まります。
※2 標準収穫量 農家ごとに過去5年間の収穫量や肥培管理状況等から算出した、翌年の共済金額の算出基礎となる収量です。

共済掛金は

農家の皆さんに支払っていただく掛金は

※1 掛金率 過去の実績(金額被害率)に基づき、農家ごとに共済掛金率が定められています。なお、掛金率は3年ごとに改定されます。
※2 国の負担分 掛金の1/2を国が負担しています。
●掛金の割引 防災の施設がある場合は、掛金の割引があります。

共済金の支払いは

農家ごと類区分ごとに、園地ごとの減収量の合計が基準収穫量の3割を超えた場合、損害の割合に応じて支払います。
損害割合ごとの共済金支払割合は次のとおりです。

損害割合(%) 31 40 50 60 70 80 90 100
支払割合(%) 1 14 29 43 57 71 86 100

共済金は、次のように算出されます。

※支払割合 損害割合ごとに計算されます。

 

例)なし

共済金額100万円、基準収穫量2,000kg 収穫量1,000kgの場合。

20160323graf3