建物共済

火災や自然災害などによって損害を受けたときに共済金が支払われる事業です。

加入できる要件は

滋賀県に住所を有し、一定の条件を満たす農家が所有又は管理する建物です。

加入できるのは

普通物件
住宅(建物及び家具類)、納屋、農作業場 等
特殊物件一般
作業場、寺院、神社 等

対象となる災害は

火災共済
火災、落雷、破裂、爆発、車両の当て逃げ等です。
総合共済
火災共済の対象となる災害の他に、風水害、雪害、地震などの自然災害です。

責任期間は

掛金を払い込んだ日の午後4時から1年後の午後4時までです。 (継続加入の場合は、契約終了日から1年間です。)

共済金額(補償額)は

建物1棟当たり(建物と家具類を含む)、再建築又は再取得価額まで加入できます。 ただし限度額は、火災共済6,000万円、総合共済4,000万円です。また、合わせての加入の場合は最高1億円までです。

共済掛金は

 

掛金は年払いで、用途・構造によって異なります。
例えば木造住宅(普通物件・一般造)なら

火災共済 1,000万円当たり  6,700円

総合共済 1,000万円当たり  21,700円

火災共済は1日わずか18.4円程度で1年間1,000万円が補償されます。

年間掛金一覧


用途構造
普通物件 特殊物件一般
本屋・離れ・納屋・農作業場・土蔵・倉庫
集会場(330㎡以内)など
事務所・作業場・寺院
神社・集会場(331㎡以上)など
共済金額(万円)
一般造
(円)
耐火造B
(円)
耐火造A
(円)
一般造
(円)
耐火造B
(円)
耐火造A
(円)



100 670 430 240 1,160 650 260
500 3,350 2,150 1,200 5,800 3,250 1,300
1,000 6,700 4,300 2,400 11,600 6,500 2,600
1,500 10,050 6,450 3,600 17,400 9,750 3,900
2,000 13,450 8,600 4,800 23,200 13,000 5,200
2,500 16,750 10,750 6,000 29,000 16,250 6,500
3,000 20,100 12,900 7,200 34,800 19,500 7,800
3,500 23,450 15,050 8,400 40,600 22,750 9,100
4,000 26,800 17,200 9,600 46,400 26,000 10,400
5,000 33,500 21,500 12,000 58,000 32,500 13,000
6,000 40,200 25,800 14,400 69,600 39,000 15,600



100 2,170 1,980 1,820 2,550 2,150 1,840
500 10,850 9,900 9,100 12,750 10,750 9,200
1,000 21,700 19,800 18,200 25,500 21,500 18,400
1,500 32,550 29,700 27,300 38,250 32,250 27,600
2,000 43,400 39,600 36,400 51,000 43,000 36,800
2,500 54,250 49,500 45,500 63,750 53,750 46,000
3,000 65,100 59,400 54,600 76,500 64,500 55,200
3,500 75,950 69,300 63,700 89,250 75,250 64,400
4,000 86,800 79,200 72,800 102,000 86,000 73,600

※用途によって割増となります。

共済金の支払いは

tatemono01

※地震による事故の損害共済金は加入共済金額の50%に相当する金額が支払限度となります。

地震火災費用共済金

火災共済に加入の場合、地震等を原因とする火災の損害が発生し、建物が半焼以上または家具類が全焼した場合は、加入共済金額×5%をお支払いします。