園芸施設共済

園芸施設が災害によって損害を受けたときに共済金が支払われる事業です。

 

加入できるのは

農作物を栽培し、被覆材で覆われている施設(ガラス質、パイプハウス、鉄骨ハウス、雨よけハウス、多目的ネットハウス)の設置面積の合計が100㎡以上(ガラス室は50㎡以上)の農業者の施設です。

対象となる災害は

風水害、ひょう害、雪害、その他気象上の原因(地震及び噴火を含む)による災害、火災、破裂及び爆発、航空機の墜落及び接触並びに航空機からの物体の落下、車両及びその積載物の衝突及び接触、鳥獣害、病虫害です。ただし、病虫害については、一定の要件を満たした場合に限り、対象から除くことができます。

責任期間は

共済掛金を払い込んだ日の翌日から1年間です。 ただし、施設の撤去期間がある場合は1年未満の加入も可能です。

補償の内容は

農作物を栽培する園芸施設(本体+被覆材)です。農業者の選択により附帯施設、施設内農作物(※1)、撤去費用(※2)、復旧費用(※3)の補償を追加することができます。

 

※1 施設内農作物 生産費に相当する額を補償します。収入保険とは同時に加入できません。
※2 撤去費用 損壊した施設の本体部分に係る撤去費用を補償します。

※3 復旧費用 損壊した施設の本体部分の復旧に要する費用を補償します。

共済金額(補償額)は

 

※1 時価現有率及び被覆経過割合 本体・被覆材の時価額を算出するのに用いる割合です。

※2 施設内農作物価額算定率 1㎡当たりの園芸施設再建築価額によって農作物の種類ごとに決められています。

※3 調整率 ハウスの種類によって経過年数ごとに決められています。

共済掛金は

農業者の皆さんに支払っていただく掛金は

※1 掛金率 過去の損害率に応じて農業者ごと及び施設の種類ごとに定めた割合です。また、被覆・未被覆期間が混在する場合は、それぞれの掛金率を適用します。
※2 国の負担分 掛金の1/2を国が負担しています。ただし、復旧費用部分にかかる掛金については全額農業者負担になります。

被害額は

施設・施設内農作物が被害を受けた時の被害額は、次のようにして算出されます。

施設

(1)ガラス室

本体時価額×損害割合

(2)プラスチックハウス

本体時価額×損害割合+被覆材時価額×(1-自然消耗割合(※1))×損害割合

※1 自然消耗割合 責任期間開始日からの経過月数によって、被覆材ごとに定められた割合です。ただし、責任期間開始日時点で未被覆の場合は、被覆した日からの経過日数となります。

共済金の支払いは

 

●責任期間中に何度共済金を受け取っても、共済金額が減額されることはありません。ただし、全損(経済的全損を含む)になった時は、共済関係は消滅します。